鴨肉のロースト~ぶどうとバルサミコのレデュークション~&冷製ツナソースパスタ~プッタネスカ風~(1キット2人前)
鴨肉のロースト~ぶどうとバルサミコのレデュークション~&冷製ツナソースパスタ~プッタネスカ風~(1キット2人前)
鴨肉のロースト~ぶどうとバルサミコのレデュークション~&冷製ツナソースパスタ~プッタネスカ風~(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 鴨肉のロースト~ぶどうとバルサミコのレデュークション~&冷製ツナソースパスタ~プッタネスカ風~(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 鴨肉のロースト~ぶどうとバルサミコのレデュークション~&冷製ツナソースパスタ~プッタネスカ風~(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 鴨肉のロースト~ぶどうとバルサミコのレデュークション~&冷製ツナソースパスタ~プッタネスカ風~(1キット2人前)

鴨肉のロースト~ぶどうとバルサミコのレデュークション~&冷製ツナソースパスタ~プッタネスカ風~(1キット2人前)

通常価格
¥4,500
販売価格
¥4,500
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

フランス料理では定番の鴨肉。ソースはぶどうジュースとバルサミコを合わせ、肉の下味にもはちみつを使い、甘みのある味付けで大人も子どもも楽しめるように仕上げました。温製でも冷製でもお召し上がりいただけます。副菜の冷製パスタはトマト、ツナ、オリーブを使ったイタリア伝統のパスタ”プッタネスカ”を今回は冷製に仕立てました。簡単に本格的な味が作れるのでオススメです。

この料理には「赤ワイン(ミディアムボディ)」がよく合います。
注文〆切日
7月20日(火)10:00まで
お届け可能日
7月24日(土)、7月25日(日)
消費期限
7月25日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
小麦
必要な調理器具
フライパン、鍋、ボウル、ざる
調理時間
主菜55分、副菜40分(下準備除く)
このレシピの考案者
土切 祥正
YOSHIMASA TSUCHIKIRI
「コントワール ミサゴ」オーナーシェフ
INGREDIENTS
食材リスト
鴨肉のロースト~ぶどうとバルサミコのレデュークション~

のシールの食材をお使いください。

  • 鴨ロース
    1枚
  • はちみつ
    1/3袋
  • インゲン
    2本
  • ナス
    1本
  • ズッキーニ
    1本
  • ぶどうジュース
    100ml
  • バルサミコ酢
    30ml
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
冷製ツナソースパスタ~プッタネスカ風~

のシールの食材をお使いください。

  • カッペリーニ
    80g
  • ツナ缶
    1缶
  • トマト
    1個
  • オリーブ
    15g
  • ケッパー
    10g
  • シブレット
    2g程度
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
  • 胡椒
  • お湯
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
鴨肉のロースト~ぶどうとバルサミコのレデュークション~
下準備をします
1
  • 鴨肉からはみ出た余分な脂身があれば、切り落とす。
  • 皮目に格子状に包丁を入れる。
POINT

切り込みをいれることによって、焼いたときに縮みにくく、余分な脂が落ちてさっぱりとした仕上がりになります。

皮だけを切り、鴨肉の身を傷つけないように注意してください。

  • その後、皮目に塩(小さじ1/2)、胡椒(適量)、はちみつ(1/3袋)をかけ、5分ほど置いておく。
2
  • 茄子とズッキーニの皮を模様になるように隙間を空けて縦にピーラーでむき、1cm程度に輪切りにする。
  • 付け合わせのインゲンを1〜2分程度ボイルして3cmの長さに斜めに切る。(レンジでも可:1分程度)
POINT

パスタを茹でるお湯で問題ありません。

鴨肉のローストを作ります
3

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れ、弱火でじっくり鴨肉の皮目から焼く。(目安:4~5分)

POINT

はちみつが焦げやすいので弱火で焼きます。

4

余分な脂が落ちて皮目に焼き色がつきパリッとしてくるまでじっくりと焼く。

POINT

途中で余分な脂は捨てるか、ペーパーでふき取ってください。

5

皮目がパリッとしてきたら、ひっくり返して身の方を弱火で10~15分程度焼く。

TastyTable Question
最高の火入れ~レア編~
6

焼きあがったら、アルミホイルに包んで温かい場所に置いておいてください。

POINT

休ませることで、肉汁を逃がさず、綺麗なピンク色のしっとりとした仕上がりになります。

7

鴨肉を焼いたフライパンの油をペーパーで軽く拭き取り、フライパンにオリーブオイル(大さじ1)をしき、ズッキーニとナスに塩(小さじ1/2)をふって焼く。両面焼き色がついたら取り出す。

8

フライパンに残った脂をペーパーで拭き取り、バルサミコ酢(30ml)とぶどうジュース(1/2本)を入れて、1/5くらいの量になるまで中火で煮詰め、ドロッとしたソース状に仕上げる。

煮詰めすぎてしまうと、焦げてしまうので注意してください。ソースの仕上がりは30ml程度になります。

注意点

ぶどうジュースは100mlのみ使用します。全量使用しないよう注意してください。

鴨肉のローストを仕上げます
9

食べやすい大きさに鴨肉をカットし、野菜と一緒に皿に並べ、ソースをかけて完成。

付け合わせのインゲンを盛り付ける。

冷製ツナソースパスタ~プッタネスカ風~
下準備をします
1
  • オリーブをスライスする。
  • シブレットをみじん切りにする。
2
  • トマトのヘタをくり抜き、お尻に切り込みを軽く入れ、沸いたお湯に入る。
  • 氷水に入れ、皮をむく。
  • 種を取り、1cm角に切る。
POINT

種の周りは、酸味が強く水分量が多いので取り除きます。

冷製パスタを作ります
3

ボウルに下記食材を全て入れ、全体が馴染むまで良く混ぜ、冷蔵庫に入れておく。

食材

オリーブ / トマト / ケッパー / ツナ缶 / オリーブオイル(大さじ2) / 塩(小さじ1/6) / 胡椒(適量)

POINT

ツナ缶は水分を切ってから加えてください。

手で食材を潰すくらいのイメージでしっかり混ぜ合わせてください。手で潰すことによってトマトから水分が出て、ソースが乳化しやすくなります。

4

お湯の沸いた鍋に、半分に折ったカッペリーニを入れ2分ほど茹でる。

5

茹で上がったカッペリーニを冷水につけて締め、ペーパーで水気をしっかり切る。

POINT

水気をしっかり切ることで、水っぽさがなくなり美味しく仕上がります。

6

水気を切ったカッペリーニをソースが入ったボウルに加え、良く絡ませる。

味見をして塩(適量)で味を調える。

冷製パスタを仕上げます
7

カッペリーニを皿に盛り付け、上からシブレットをかけて完成。

POINT

カッペリーニは中心が高くなるように、ねじりながら盛り付けると綺麗に盛ることができます。