鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード&長ねぎとペンネのアラクレーム(1キット2人前)
鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード&長ねぎとペンネのアラクレーム(1キット2人前)
鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード&長ねぎとペンネのアラクレーム(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード&長ねぎとペンネのアラクレーム(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード&長ねぎとペンネのアラクレーム(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード&長ねぎとペンネのアラクレーム(1キット2人前)

鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード&長ねぎとペンネのアラクレーム(1キット2人前)

通常価格
¥4,800
販売価格
¥4,800
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

【主菜】
ご家庭にあるフライパンとアルミホイルを使い、鴨肉をしっとりと焼き上げる方法をご紹介いたします。鴨肉は焼いた後にしっかりと休ませてあげることで、レストランで食べるような綺麗なロゼ色に仕上がります。ローストした鴨肉を、赤ワインと胡椒を効かせたポワブラードソースで煮込んだごぼうと一緒にお召し上がりください。 【副菜】
日本で馴染みの深い食材を、フランス定番のクリーム煮で仕上げました。長ねぎ、クリーム、チーズと使用している素材はシンプルですが、その巧みな組み合わせが、美味しさをを何倍にも引き上げます。

注文〆切日
11月16日(火)10:00まで
お届け可能日
11月20日(土)、11月21日(日)
消費期限
11月21日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
乳、小麦、かに
必要な調理器具
フライパン、鍋
調理時間
主菜40分、副菜30分(下準備除く)
このレシピの考案者
成田 寛
YUTAKA NARITA
「NonTitle」オーナーシェフ
INGREDIENTS
食材リスト
鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード

のシールの食材をお使いください。

  • 鴨胸肉
    1枚
  • ごぼう
    60g程度
  • チンゲン菜
    1株
  • 赤ワイン
    80ml
  • 赤ワインビネガー
    30ml
  • バター
    1個(8g)
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
  • 砂糖
長ねぎとペンネのアラクレーム

のシールの食材をお使いください。

  • 長ねぎ
    1本
  • ペンネ
    60g
  • 生クリーム
    80ml
  • チキンブイヨン
    1本(6g)
  • パルメザンチーズ
    3袋(21g)
  • にんにく
    1片(5g程度)
  • 唐辛子
    1本
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード
下準備をします
1
  • 鴨肉は塩(肉の重さの1.5%)を振り、室温で1時間ほど置いておく。
  • チンゲン菜は縦半分にカットし、お湯でサッと茹でておく。
  • ごぼうは5cm程度の長さに切り、縦半分にカットする。
POINT

太い場合は、縦に4等分にカットしてください。

鴨胸肉のローストを作ります
2

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、鴨肉の皮目を下にして入れる。

中火にかけ、薄いきつね色になるまで3分ほど焼く。

POINT

オイルが冷たい状態からじっくり焼くことで、鴨の余分な脂が落ち、さっぱりと仕上がります。

3

鴨肉を裏返して身側も軽く焼き、再度裏返して皮目を下にする。

蓋をして、極弱火で5分ほど火を通す。

POINT

身側の焼き加減は、赤い所が無くなる程度まで焼いてください。

4

串を刺して5秒ほどしたら抜き、温度を確かめる。

温かくなっていたら、皮目を上にしてアルミホイルで包み、室温で休ませる。

POINT

鴨肉の中心が温かくなっていれば、焼き上がりの目安です。

中心が冷たい場合は、皮目をして再度フライパンに入れ、蓋をして数分加熱してください。

5

鍋に砂糖(20g)、水(数滴)を入れ、中火にかける。

POINT

水は砂糖が湿る程度の分量で問題ありません。

6

カラメル色になったら火を止め、下記食材を順番通りに入れて絡める。

食材

1.赤ワインビネガー / 2.胡椒(小さじ1) / 3.バター / 4.ごぼう / 5.塩(小さじ1/6)

注意点

カラメルは軽く茶色くなってきたら火を止め、ビネガーを加えて鍋の中の温度を下げ、焦がさないよう注意してください。

7

ごぼうにソースがしっかり絡んだら、赤ワインを加えて蓋をし、ソースに軽く濃度がつき、ごぼうが柔らかくなるまで弱火で煮詰める。

8

フライパンで油をひかずに、鴨肉の皮目を中火で30秒ほど焼く。

注意点

アルミホイルに残った肉汁はソースに使用するので、捨てずにとっておいてください。

鴨胸肉のローストを仕上げます
9

鴨肉を食べやすい大きさにスライスする。

皿に鴨肉、ごぼう、チンゲン菜を盛りつける。

アルミホイルに残った肉汁をソースに加え、中火で軽く温め、上からかけて完成。

長ねぎとペンネのアラクレーム
下準備をします
1
  • お湯を沸かし、塩(1%濃度)を加える。
  • にんにくはスライスする。
  • ねぎは白い部分を1cm程度にカットし、緑の部分は薄くスライスしておく。
  • チキンブイヨンは水(300ml)に溶かしておく。
ペンネのアラクレームを作ります
2

フライパンに下記食材を入れ、弱火にかけて香りを出す。

食材

にんにく / 唐辛子 / オリーブオイル(大さじ1)

3

にんにくが色づき始めたら、ねぎ(白い部分)とチキンブイヨン(60ml)を加える。

弱火でねぎがしんなりするまで4分ほど加熱する。

注意点

チキンブイヨンは60mlのみ使用します。残りはご自由にご利用ください。

4

沸騰したら生クリーム(80ml)、ねぎ(青い部分)を入れ、中火にかけてひと煮立ちさせる。

注意点

生クリームは80mlのみ使用します。全量使用しないよう注意してください。

5

沸かしたお湯にペンネを入れ、表示時間より2分短く茹でる。

6

ひと煮立ちしたらペンネを入れて和える。

味見をして塩・胡椒(お好み)で味を調え、ペンネがお好みの固さになるまで弱火にかける。

注意点

生クリームが冷たい状態でペンネを加えるとペンネ同士がくっつくので、沸騰したところに入れてください。

7

ソースに軽く濃度が付いたら火を止め、パルメザンチーズを加えて和える。

POINT

パルメザンチーズはお好みで調節してご使用ください。

ペンネのアラクレームを仕上げます
8

皿に盛って完成。