サーモンのパート包み焼き アンチョビクリームソース&根菜と大麦のミネストローネ(1キット2人前)
サーモンのパート包み焼き アンチョビクリームソース&根菜と大麦のミネストローネ(1キット2人前)
サーモンのパート包み焼き アンチョビクリームソース&根菜と大麦のミネストローネ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, サーモンのパート包み焼き アンチョビクリームソース&根菜と大麦のミネストローネ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, サーモンのパート包み焼き アンチョビクリームソース&根菜と大麦のミネストローネ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, サーモンのパート包み焼き アンチョビクリームソース&根菜と大麦のミネストローネ(1キット2人前)

サーモンのパート包み焼き アンチョビクリームソース&根菜と大麦のミネストローネ(1キット2人前)

通常価格
¥5,200
販売価格
¥5,200
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

【主菜】
サーモンを春巻きの皮で巻き、パート包み焼き風にアレンジしました。パリパリに焼き上げた春巻きの皮に、アンチョビを効かせた濃厚なクリームソースと、付け合わせのほうれん草がとてもよく合います。身近な食材ながらも、シェフの技でレストランのような仕上がりです。
【副菜】
ミネストローネとは、イタリアの具沢山な野菜スープです。イタリアにトマトが持ち込まれる前は、トマトを加えずに作っていたと言われています。今回は、お米状のパスタのリゾーニと大麦が加え、満足感のあるスープに仕上げました。

注文〆切日
12月14日(火)10:00まで
お届け可能日
12月18日(土)、12月19日(日)
消費期限
12月19日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
乳、小麦
必要な調理器具
フライパン、鍋
調理時間
主菜45分、副菜25分(下準備除く)
このレシピの考案者
泥谷 俊介
SHUNSUKE HIJIYA
「LUOGO」シェフ
INGREDIENTS
食材リスト
サーモンのパート包み焼き アンチョビクリームソース

のシールの食材をお使いください。

  • サーモン
    2切れ
  • 春巻きの皮
    1枚
  • にんにく
    1片(5g程度)
  • アンチョビ
    5g
  • バター
    1個(8g)
  • 白ワイン
    30ml
  • 生クリーム
    1本(100ml)
  • ほうれん草
    100g
  • 薄力粉
    1袋(10g)
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
根菜と大麦のミネストローネ

のシールの食材をお使いください。

  • 大麦
    10g
  • リゾーニ
    10g
  • ごぼう
    50g
  • かぶ
    1個
  • 人参
    50g
  • イタリアンパセリ
    2g程度
  • チキンブイヨン
    1/2本(3g)
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
サーモンのパート包み焼き アンチョビクリームソース
下準備をします
1
  • にんにくはみじん切りにする。
  • ほうれん草は3cm程度の長さに切る。
  • サーモンは皮を引いて、塩(小さじ1/3)を振り、表面に出た水分を軽くペーパーで拭く。
  • 薄力粉と水(大さじ1)を合わせ、のりを作る。
サーモンのパート包み焼きを作ります
2

サーモンは厚みが均等になるように、2切れを互い違いに重ねる。

POINT

サーモンを重ねて厚みを均等にすることで、火通りを均等にします。

互い違いにした際に隙間ができないように重ねてください。

3

春巻きの皮(1枚)で一周巻き、巻ききれずに余った部分の皮を切り落とし、端にのりをつけてくっつける。

両端も皮が余っていたら切り落とす。

POINT

春巻きの皮は1枚のみ使用します。残りはご自由にお使いください。

4

冷たい状態の鍋にバター、にんにくを入れ、弱火にかける。

注意点

焦げやすいので鍋が冷たいまま、バターとにんにくを入れてください。

5

にんにくが薄く色づいたらアンチョビを加え、木べらなどでアンチョビを崩す。

白ワインを加え、中火でひと煮立ちさせる。

POINT

ひと煮立ちさせることで、アルコールとワインの酸味を軽く飛ばします。

6

生クリームを加え、中火で1/2程度の量になるまで4分ほど煮詰める。

味見をして、塩(適量)で味を調え、ソースを完成させる。

注意点

煮詰まってくると焦げやすくなるので、混ぜながら加熱してください。

POINT

ソースの仕上がり目安は、50ml程度です。

7

フライパンにオリーブオイル(小さじ1)をひき、強火でほうれん草をしんなりする程度まで炒める。

塩(ひとつまみ)で味を調え、バットに取り出す。

8

同じフライパンをペーパーで拭き、オリーブオイル(小さじ1)をひいて中火にする。

春巻きの皮の継ぎ目を下にしてサーモンを入れ、中火で全面にきれいなきつね色がつくまで焼く。(目安:各面1分~1分半程度)

POINT

トングなどを使い、常にサーモンを動かしながら焼くと、サーモンにオリーブオイルが均等につき、綺麗な焼き色に仕上がります。

パリッと焼きあげるために少ないオリーブオイルで焼きますが、足りなくなった場合は、オリーブオイル(適量)を少しずつ足して焼き上げてください。

9

サーモンの全面が焼きあがったらバットに取り出し、ペーパーでサーモンの油を拭き取り6等分にカットする。

サーモンのパート包み焼きを仕上げます
10

皿にソースを敷き、その上にほうれん草とサーモンを盛りつけ、完成。

根菜と大麦のミネストローネ
下準備をします
1
  • イタリアンパセリはみじん切りにする。
  • かぶの葉は1cm程度のざく切りにする。
  • ごぼう、人参、かぶは皮をむき、1cm程度の角切りにする。
  • 鍋にお湯を沸かし、塩(1%濃度)を加えて大麦を茹でる。8分後、リゾーニを入れて大麦と一緒に8分茹で、水気を切る。
ミネストローネを作ります
2

鍋にオリーブオイル(大さじ1)をひいて中火にかけ、ごぼうを入れて炒める。(目安:3分程度)

ごぼうに油が回ったら、人参、かぶ、塩(ひとつまみ)を加えてさらに炒める。

3

人参とかぶに油が回ったら水(500ml)を加え、強火で加熱する。

沸騰したら弱火に落とし、アクを取り除く。

4

チキンブイヨン(1/2本)、塩(ふたつまみ)を入れ、弱火で5分ほど、野菜が軟らかくなるまで煮込む。

POINT

チキンブイヨンは1/2本のみ使用します。残りはご自由にお使いください。

弱火でじっくりと炊くことで野菜の旨味を引き出します。

5

下記食材を入れて強火で加熱し、沸騰したら火を止める。

食材

大麦 / リゾーニ / かぶの葉

POINT

大麦とリゾーニは水分を吸うので、食べる直前に入れてください。

大麦とリゾーニの味見をし、硬ければ軟らかくなるまで様子を見ながら加熱してください。

ミネストローネを仕上げます
6

皿にミネストローネを盛る。

イタリアンパセリを散らし、オリーブオイル(お好み)を回しかけ、完成。