豚肉のソテー〜シャルキュティエール風〜&インゲンとベーコンのサラダ、ポーチドエッグ添え(1キット2人前)
豚肉のソテー〜シャルキュティエール風〜&インゲンとベーコンのサラダ、ポーチドエッグ添え(1キット2人前)
豚肉のソテー〜シャルキュティエール風〜&インゲンとベーコンのサラダ、ポーチドエッグ添え(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 豚肉のソテー〜シャルキュティエール風〜&インゲンとベーコンのサラダ、ポーチドエッグ添え(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 豚肉のソテー〜シャルキュティエール風〜&インゲンとベーコンのサラダ、ポーチドエッグ添え(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 豚肉のソテー〜シャルキュティエール風〜&インゲンとベーコンのサラダ、ポーチドエッグ添え(1キット2人前)

豚肉のソテー〜シャルキュティエール風〜&インゲンとベーコンのサラダ、ポーチドエッグ添え(1キット2人前)

通常価格
¥5,400
販売価格
¥5,400
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

【主菜】
シャルキュティエールとは、パテなどの加工肉を作る職人のことを刺し、パテの添え物には欠かせないピクルスなどを一緒に煮込むことから、その名がついたと言われています。甘みの強い豚肉の脂と、ピクルスとマスタードの優しい酸味が相性抜群です。豚肉の旨味が詰まったソースにバターライスを絡めて、最後まで余すことなくご堪能ください。
【副菜】
軽く茹でたインゲンのシャキシャキ食感と、カリカリのベーコンがアクセントに。ドレッシングにベーコンの焼き油を加えることで、ベーコンの香りがついて一体感のあるサラダに仕上げました。ポーチドエッグを潰してインゲンに絡めて食べると、贅沢な味わいを楽しむことができます。

注文〆切日
4月5日(火)10:00まで
お届け可能日
4月9日(土)、4月10日(日)
消費期限
4月10日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
卵、乳、小麦
必要な調理器具
フライパン、鍋、ボウル、炊飯器
調理時間
主菜35分、副菜20分(下準備除く)
このレシピの考案者
石井剛
GO ISHII
「モノリス」シェフ
INGREDIENTS
食材リスト
豚肉のソテー~シャルキュティエール風~

のシールの食材をお使いください。

  • 豚ロース
    100g×2枚
  • 薄力粉
    1袋(10g)
  • 玉ねぎ
    1個
  • ピクルス(コルニション)
    25g
  • フォンドヴォー
    1本(30g)
  • チキンブイヨン
    1本(6g)
  • ディジョンマスタード
    12g
  • 白ワイン
    50ml
  • イタリアンパセリ
    2g程度
  • バター
    2個(16g)
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
  • お湯
  • サラダ油
インゲンとベーコンのサラダ、ポーチドエッグ添え

のシールの食材をお使いください。

  • インゲン
    120g
  • ベーコン
    2袋(68g)
  • エシャロット
    20g
  • ミニトマト
    3個
  • パルメザンチーズ
    1袋(7g)
  • 白ワインビネガー
    10ml
  • ディジョンマスタード
    4g
  • 2個
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
  • 胡椒
  • サラダ油
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
豚肉のソテー~シャルキュティエール風~
下準備をします
1
  • 玉ねぎは2/3個を薄くスライスし、残りの1/3個をみじん切りにする。
  • ピクルスは薄くスライスする。
  • イタリアンパセリは葉を2枚程度飾り用に除け、残りを粗みじんにする。
  • 豚肉の両面に、塩・胡椒(適量)をして薄力粉をまぶし、余分な粉をはたいておく。
  • お湯(120ml)にチキンブイヨン(1/3本)を溶かしておく。
注意点

残りのチキンブイヨンは、バターライスに使用します。

豚肉のソテーを作ります
2

フライパンに玉ねぎ(みじん切り)、サラダ油(適量)を入れ、弱火でしんなりするまでソテーする。

炊飯器に下記食材を入れて炊飯し、バターライスを作る。

食材

米(2合) / 塩(小さじ1/3) / 胡椒(少々) / チキンブイヨン(2/3本) / 水(300ml) / バター / ソテーした玉ねぎ

POINT

米は洗わずに炊飯して問題ありません。

バターライスはアルデンテに仕上がります。軟らかめが好きな方は、炊飯器通りの水分量で炊飯してください。

3

フライパンにオリーブオイル(大さじ1/2)をひき、中火で豚肉の両面が色づくまでソテーして取り出す。(目安:片面3分程度)

POINT

後の工程で煮込むので、この工程で完全に火を通す必要はありません。

4

同じフライパンに玉ねぎ(スライス)を入れ、弱火で透き通る程度までじっくりとソテーする。

白ワインを加えて中火にし、1/3程度になるまで煮詰める。

5

フォンドヴォー、チキンブイヨン、ピクルスを入れ、ひと煮立ちさせる。

6

豚肉をフライパンに戻し、中火で1分30秒ほど一緒に煮て、再度豚肉を取り出す。

POINT

途中で豚肉を2~3回裏返しながら煮てください。

7

フライパンに残った煮汁にディジョンマスタードを加え、弱火で加熱しながらよく溶かし込み、ソースにする。

豚肉のソテーを仕上げます
8

皿にバターライス、豚肉を盛り、上からソースをかける。

刻んだイタリアンパセリを散らし、飾り用の葉も添えて完成。

POINT

盛り付けの際、バターライスにソースを少しかけるとより美味しく召し上がれます。

インゲンとベーコンのサラダ、ポーチドエッグ添え
下準備をします
1
  • エシャロットはみじん切りにする。
  • ベーコンは1cm角に切る。
  • ミニトマトはヘタを取り、半割りにする。
2
  • 鍋にお湯を沸かし、塩(ひとつまみ)を入れる。
  • インゲンは両端の硬い部分を落とし、お好みの硬さに2分ほど塩茹でして氷水にあげる。水気をよく切り、斜めに3等分にする。
POINT

少し硬めに茹で、食感を残しておくのがおすすめです。

注意点

インゲンを茹でたお湯で、ポーチドエッグを作ります。捨てないように注意してください。

  • 小さい器に卵を1個ずつ割り入れる。
インゲンとベーコンのサラダを作ります
3

インゲンを茹でたお湯を再度沸かし、酢(小さじ1)を加える。

鍋をかき混ぜてお湯に対流を起こし、弱火にして卵を入れて4分ほど茹でる。

卵を氷水に落とし、ペーパーを敷いたバットに取り出して水気を切り、ポーチドエッグを作る。

POINT

バットに取り出した後に、卵白のヒラヒラとした余分な部分をカットするとより綺麗な仕上がりになります。

4

フライパンにオリーブオイル(小さじ1)をひき、中火でベーコンに焼き色がつくまでソテーする。

注意点

フライパンに残った油も使用するので、捨てないように注意してください。

5

ボウルに下記調味料を入れ、よく混ぜてドレッシングを作る。

調味料

白ワインビネガー / ディジョンマスタード / 塩(小さじ1/3) / 胡椒(お好み) / サラダ油(大さじ1と1/3)

注意点

サラダ油は最後に、混ぜながら少しずつ加えてください。

6

ドレッシングが入ったボウルに下記食材を入れ、サッと和える。

食材

インゲン / エシャロット / ベーコン(焼き油ごと)

インゲンとベーコンのサラダを仕上げます
7

皿に盛り、ミニトマト、ポーチドエッグを上にのせる。

上から塩・胡椒(お好み)をして、パルメザンチーズを振り、完成。