牛肉のタリアータ&赤海老のリゾット(1キット2人前)
牛肉のタリアータ&赤海老のリゾット(1キット2人前)
牛肉のタリアータ&赤海老のリゾット(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 牛肉のタリアータ&赤海老のリゾット(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 牛肉のタリアータ&赤海老のリゾット(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 牛肉のタリアータ&赤海老のリゾット(1キット2人前)

牛肉のタリアータ&赤海老のリゾット(1キット2人前)

通常価格
¥6,400
販売価格
¥6,400
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

【主菜】
タリアータは日本語で切ったという意味で、焼いたお肉をカットして盛りつけた料理です。そこに北イタリアなどで付け合わせとしてもよく楽しまれる旬の蕪を、ほんのり苦みのある葉も一緒にシャキシャキ食感でシンプルなグリルに。赤ワインをたっぷりと使ったリッチなソースを合わせ、お召し上がりください。
【副菜】
赤海老は短時間でもしっかり出汁が取れるので、ご家庭でも旨味たっぷりのお店のようなリゾットをお召し上がりいただけます。今回は、イタリアで定番の食材の組み合わせである海老と柑橘を合わせ、アーモンドの食感をアクセントに仕上げました。

注文〆切日
12月21日(火)10:00まで
お届け可能日
12月25日(土)、12月26日(日)
消費期限
12月26日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
乳、小麦、かに、えび
必要な調理器具
フライパン、鍋
調理時間
主菜35分、副菜50分(下準備除く)
このレシピの考案者
北野 敏庸
TOSHINOBU KITANO
「イル テアトリーノ ダ サローネ」シェフ
INGREDIENTS
食材リスト
牛肉のタリアータ~赤ワインソース~

のシールの食材をお使いください。

  • 葡萄牛リブロース
    180g
  • 蕪(葉付き)
    1個
  • 赤ワイン
    200ml
  • フォンドヴォー
    1本(30g)
  • バター
    1個(8g)
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
赤海老のリゾット

のシールの食材をお使いください。

  • 赤海老
    8尾
  • カラブリア唐辛子
    1本
  • トマトペースト
    2本
  • 白ワイン
    35ml
  • 玉ねぎ
    1/4個
  • にんにく
    1/2片
  • オレンジ
    1/2個
  • アーモンド
    10g
  • イタリアンパセリ
    1g程度
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
牛肉のタリアータ~赤ワインソース~
下準備をします
1
  • 蕪は皮をむいて1/6程度にカットし、塩(小さじ1/6)、オリーブオイル(大さじ1/2)でマリネしておく。
  • 蕪の葉は、半分にカットする。
  • 牛肉に塩(小さじ1/3)、胡椒(お好み)を振って、常温に戻しておく。
牛肉のタリアータを作ります
2

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、蕪に焼き色がつくように全面を焼く。

蕪の最後の面を焼く際に、葉も一緒にに焼く。

POINT

蕪と蕪の葉にしっかり油がまとわるように炒め、足りなければ少しずつ足してください。

葉は歯ごたえが残る程度に仕上げてください。

3

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、煙が出る直前まで熱し、強火で両面に焼き色をつけ、アルミホイルで包んで休ませる。

POINT

片面の焼き時間の目安は1分程度です。

完成まで包んで置いて大丈夫です。

4

肉を焼いたフライパンに赤ワイン(200ml)を加え、アルコールを飛ばす。

アルコールが飛んだら、フォンドヴォー加え、全体量の1/3程度まで煮詰める。

POINT

煮詰めすぎた場合は、水で薄めて調整してください。

5

煮詰めたソース煮バターを入れて乳化させ、味見をして塩・胡椒(お好み)で味を調える。

POINT

ソースが熱くないと乳化しない可能性があるので、十分温かい状態でバターを加えてください。

牛肉のタリアータを仕上げます
6

牛肉をお好みの大きさにカットする。

皿に牛肉とかぶを盛り、ソースを添えて完成。

POINT

牛肉は半分にカットしてからスライスると、バランスよく盛りつけることが出来ます。

赤海老のリゾット
下準備をします
1
  • 赤海老は殻をむいて、身を横半分にカットする。
2
  • 米(100g)を洗わずに用意しておく。
  • 玉ねぎをみじん切りにする。
  • イタリアンパセリを粗いみじん切りにする。
  • アーモンドはある程度お好みの大きさに砕いておく。
POINT

袋に入れたまま、瓶の底などで砕くと簡単に砕けます。

  • にんにくをみじん切りにする。
注意点

送付量の半分はリゾット、残りは赤海老を炒める時に使用します。

赤海老のリゾットを作ります
3

鍋にオリーブオイル(大さじ1)をしき、フライパンを強火で熱し赤海老の殻を強火で炒める。

POINT

赤海老の殻を入れたときに音がするくらいに熱してください。

木べらで赤海老の頭を潰しながら炒めてください。

炒めあがりの目安は鍋底に少しエビ味噌が軽く焦げ付き始めるころです。

4

炒めたところに、トマトペースト(2袋)を入れ軽く炒め白ワイン(20ml)を入れる。

POINT

トマトペーストを炒める地、酸味の角が丸くなり香りが立ちます。

鍋底に焦げ付いたエビ味噌をこそげ落としながらアルコールを飛ばしてください。

5

白ワインのアルコールが飛んだら、水(600ml)、唐辛子(1本)を加え、強火で沸騰させて中火で落とし10~15分炊いて、ザルで漉す。

POINT

仕上がりが大体400mlくらいになるまで煮詰める。

煮詰めすぎた場合も、水を足して400ml程度に薄めてください。

6

鍋にオリーブオイル(大さじ2)をひき、玉ねぎ、にんにく(送付量の1/2)を入れて弱火で炒め、香りが出てきたら米(100g)を入れて中火で透き通るまで炒める。

POINT

米は洗わずに加えてください。

透き通ったか分かりにくい場合は、触ってみて米が熱くなっていたら白ワインを入れて大丈夫です。

7

米が透き通ったら白ワイン(15ml)を入れてアルコールを飛ばし、赤海老の出汁(400ml)を少しずつ加えながら弱火で20分ほど炊く。

注意点

赤海老の出汁が冷めていた場合は、一度沸騰直前まで温めてください。温度に差があると米に粘り気が出てしまいます。

米を茹でる用に加熱しないために、何回かに分けて少しずつ入れてください。

8

フライパンにおリーブオイル(大さじ1)を入れ、フライパンを軽く熱して赤海老を炒める。

ある程度赤海老の色が変わってきたら、残りのにんにくを加え強火でさっと炒め香りを出す。

赤海老のリゾットを仕上げます
9

皿にリゾット、オレンジを盛る。

アーモンド、イタリアンパセリを散らし、完成。

POINT

リゾットを中心に盛り、皿を下から叩いて平らにすると綺麗に盛れます。