牛肉とジャガイモのブリック包み焼き&キャベツとベーコン、ジェノベーゼのスープリゾット(1キット2人前)
牛肉とジャガイモのブリック包み焼き&キャベツとベーコン、ジェノベーゼのスープリゾット(1キット2人前)
牛肉とジャガイモのブリック包み焼き&キャベツとベーコン、ジェノベーゼのスープリゾット(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 牛肉とジャガイモのブリック包み焼き&キャベツとベーコン、ジェノベーゼのスープリゾット(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 牛肉とジャガイモのブリック包み焼き&キャベツとベーコン、ジェノベーゼのスープリゾット(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 牛肉とジャガイモのブリック包み焼き&キャベツとベーコン、ジェノベーゼのスープリゾット(1キット2人前)

牛肉とジャガイモのブリック包み焼き&キャベツとベーコン、ジェノベーゼのスープリゾット(1キット2人前)

通常価格
¥5,200
販売価格
¥5,200
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

【主菜】
ブリックは、お好みの具材を卵と一緒に、パートブリックという皮で包んで揚げるチュニジアではとてもポピュラーな料理です。今回はブリックの定番食材じゃがいもに牛肉を合わせ、デミグラス風味で仕上げた具材を包みました。少し厚い春巻きの皮で代用することで破れにくく、ボリュームもでます。皮と具材の食感のコントラストもお楽しみください。
【副菜】
キャベツをたっぷり使用したスープリゾットです。パルメザンチーズをまとわせたご飯を一度焼くことで、焼けたチーズの香ばしい風味と、食感をプラスしています。いつもとはひと味違うリゾットをお楽しみください。

注文〆切日
4月5日(火)10:00まで
お届け可能日
4月9日(土)、4月10日(日)
消費期限
4月10日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
卵、乳、小麦
必要な調理器具
フライパン、鍋、電子レンジ、ザル
調理時間
主菜40分、副菜20分(下準備除く)
このレシピの考案者
土切 祥正
YOSHIMASA TSUCHIKIRI
「コントワール ミサゴ」オーナーシェフ
INGREDIENTS
食材リスト
牛肉とジャガイモのブリック包み焼き

のシールの食材をお使いください。

  • 牛肩ロース
    80g
  • じゃがいも(メークイン)
    2個
  • 玉ねぎ
    3/4個
  • にんにく
    1片(5g程度)
  • ビーフシチューフレーク
    9g
  • 春巻きの皮
    4枚
  • ベビーリーフ
    10g
  • ディジョンマスタード
    10g
  • 2個
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
  • 胡椒
  • サラダ油
キャベツとベーコン、ジェノベーゼのスープリゾット

のシールの食材をお使いください。

  • キャベツ
    1/6個
  • ベーコン
    1袋(34g)
  • 玉ねぎ
    1/4個
  • じゃがいも(メークイン)
    1個
  • チキンブイヨン
    1本(6g)
  • パルメザンチーズ
    1袋(7g)
  • ジェノベーゼペースト
    1袋(30g)
ご家庭にあるもの
  • サラダ油
  • オリーブオイル
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
牛肉とジャガイモのブリック包み焼き
下準備をします
1
  • ポーチドエッグ用のお湯を沸かし、酢(2%濃度)を加える。
  • 牛肉は割り箸くらいの太さに切る。
  • じゃがいも(2個)は皮をむいて牛肉と同じくらいの太さに切り、さっと水にくぐらせてザルにあげ、電子レンジ600Wで5分加熱する。
  • 玉ねぎ(3/4個)は5mm幅にスライスする。
注意点

残りのじゃがいもと玉ねぎは副菜で使用します。

  • にんにくはみじん切りにする。
  • ベビーリーフは水にさらし、水気を切る。
ブリック包み焼きを作ります
2

フライパンにオリーブオイル(大さじ2)をひき、中火で玉ねぎをソテーする。

3

玉ねぎに焼き色がついたら、にんにく、じゃがいもを加えて炒める。

4

じゃがいもに油が回ったら牛肉を入れて炒める。

7〜8割程度火が入ったら、ビーフシチューフレークと水(70ml)を加え、水気がなくなるまで煮る。

塩(ふたつまみ)、胡椒(適量)を加えて味を調え、火から外して粗熱を取る。

POINT

水分が多く残っていると、揚げる際に皮が破れてしまったり、仕上がりがしんなりしてしまうので、ここでしっかり水分を飛ばしてください。

5

冷蔵庫から取り出した卵を、それぞれ小さい器に割り入れる。

鍋をかき混ぜて対流を起こし、極弱火に落としたお湯にそっと卵を入れ、卵白を寄せながら3分ほど加熱する。

丁寧にすくいあげて氷水に落とし、ペーパーの上に取り出して水分を取り、ポーチドエッグを作る。

6

春巻きの皮を広げて中心に煮込んだ具をのせてくぼみを作り、ポーチドエッグをのせる。

四つ角を折り、水(適量)をつけて具を包むように巻く。

POINT

中に入れる具は、作った量の1/4程度を使用してください。

7

補強の為に、もう一枚春巻きの皮を重ねて巻き、ブリックを作る。

POINT

春巻きの皮は4枚、煮込んだ具材は半量のみ使用します。具材はそのままトッピングをして召し上がるのも美味しいですが、残りの皮を使用してお好きな具材(チーズなど)を入れ、アレンジをしたブリックを作るのもおすすめです。

8

フライパンに多めのサラダ油(適量)を加えて中火にかけ、ブリックを入れ、両面がきつね色になるまでゆっくり揚げ焼きにする。

注意点

油が高温になりすぎると、皮が焦げてしまうので火加減に注意してください。

ブリック包み焼きを仕上げます
9

皿にブリックをのせ、ベビーリーフとディジョンマスタードを添えて、完成。

キャベツとベーコン、ジェノベーゼのスープリゾット
下準備をします
1
  • ご飯(1合分程度)を炊いておく。
  • キャベツは芯を外し、1cm程度のざく切りにする。
POINT

キャベツは芯も使用する際は、細かく刻んで加えてください。

  • 玉ねぎ(1/4個)、じゃがいも(1個)は皮をむき、1cm程度の角切りにする。
注意点

残りのじゃがいもと玉ねぎは主菜で使用します。

  • ベーコンは1cm程度の角切りにする。
  • 水(400ml)にチキンブイヨンを溶かしておく。
スープリゾットを作ります
2

鍋に下記食材を入れ、中火でしんなりするまで炒める。

食材

サラダ油(大さじ1) / ベーコン / 玉ねぎ / キャベツ

3

チキンブイヨン、じゃがいもを入れ、中火でじゃがいもに火が通るまで煮てスープを作る。

4

炊いたご飯(お好み)を少し固めに握り、おにぎりを2個分つくる。

両面に塩(適量)をして、パルメザンチーズ(1/2袋)を周りにまとわせる。

POINT

チーズをまぶして焼くことで、香ばしさが出ます。

残りのパルメザンチーズは盛り付けで使用します。

5

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、焼き色がつくように中火で軽く焼き、焼きおにぎりを作る。

スープリゾットを仕上げます
6

深皿にスープを注ぎ、スープの上に焼きおにぎりをのせる。

仕上げにジェノベーゼペースト(お好み)、残りのパルメザンチーズ(1/2袋)を散らし、完成。