葡萄牛リブロースの瞬間藁スモーク&ツナと赤玉ねぎのシラクーサ風カサレッチェ(1キット2人前)
葡萄牛リブロースの瞬間藁スモーク&ツナと赤玉ねぎのシラクーサ風カサレッチェ(1キット2人前)
葡萄牛リブロースの瞬間藁スモーク&ツナと赤玉ねぎのシラクーサ風カサレッチェ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 葡萄牛リブロースの瞬間藁スモーク&ツナと赤玉ねぎのシラクーサ風カサレッチェ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 葡萄牛リブロースの瞬間藁スモーク&ツナと赤玉ねぎのシラクーサ風カサレッチェ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 葡萄牛リブロースの瞬間藁スモーク&ツナと赤玉ねぎのシラクーサ風カサレッチェ(1キット2人前)

葡萄牛リブロースの瞬間藁スモーク&ツナと赤玉ねぎのシラクーサ風カサレッチェ(1キット2人前)

通常価格
¥4,050
販売価格
¥4,050
通常価格
¥5,400
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

牛リブロースに藁の薫香を纏わせた一品。ご自宅でも簡単にスモークができるよう仕上げました。香ばしく焼き上げたお肉に、藁の香りをプラスすることで、シンプルなビステッカ(ビーフステーキ)が一つも二つもアップグレードされた一品に仕上がります。 副菜には赤玉ねぎとツナを使ったシチリア定番のパスタを合わせました。 カサレッチェという巻き付いたショートパスタに、ケッパーやパリパリのパン粉がアクセントになった、シンプルながら奥深いパスタに仕上げました。シチリアの爽やかなシャルドネを一緒に合わせるとより一層美味しく召し上がれます。

この料理には「白ワイン(辛口)」がよく合います。
注文〆切日
3月23日(火)12:00まで
お届け可能日
3月27日(土)、3月28日(日)
消費期限
3月28日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
乳、小麦
必要な調理器具
フライパン、鍋、蓋、チャッカマン
このレシピの考案者
泥谷 俊介
SHUNSUKE HIJIYA
「LUOGO」シェフ
INGREDIENTS
食材リスト
葡萄牛リブロースの瞬間藁スモーク

のシールの食材をお使いください。

  • 牛リブロース
    250g
  • 15g
  • バター
    1個(8g)
  • さつまいも
    1本
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
ツナと赤玉ねぎのシラクーサ風カサレッチェ

のシールの食材をお使いください。

  • カサレッチェ(パスタ)
    80g
  • にんにく
    1片(5g程度)
  • アンチョビ
    5g
  • 唐辛子
    1/2本
  • 赤玉ねぎ
    1/2個
  • ケッパー
    10g
  • ツナ缶
    1缶(70g)
  • パン粉
    5g
  • イタリアンパセリ
    3g程度
ご家庭にあるもの
  • パスタの茹で汁
  • オリーブオイル
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
葡萄牛リブロースの瞬間藁スモーク
下準備をします。
1
  • 牛リブロースを筋切りする。両面に塩(小さじ1/2)、胡椒(適量)を振る。
POINT

レアで焼き上げるため、下準備をしたら使用する直前まで冷蔵庫に入れておいてください。

2
  • さつまいもを皮付きのまま茹で、お好みの大きさに切る。(目安:20分程度)
  • 藁を15cm〜20cm程度の長さに切る。
瞬間藁スモークを作ります
3

フライパンにオリーブオイル(小さじ1)を入れ、中火でさつまいもを焼き色がつくまで焼く。

4

全面綺麗に焼き色がついたら、塩(ひとつまみ)をしてバットに取り出す。

5

フライパンにオリーブオイル(小さじ1)を入れ、強火にかける。

フライパンがしっかり温まったら、バター(1個)と牛リブロースを入れる。

6

片面に焼き色がついたらひっくり返し、両面しっかりと焼き色がついたら、アルミホイルの上に取り出す。(目安:片面1分〜1分15秒ずつ程度)

POINT

後工程でアルミホイルごと使用するため、必ずアルミホイルの上に取り出してください。

7

フライパンを綺麗に洗い、藁を敷き、チャッカマンで藁に火をつける。

POINT

火がつきにくい時は、ペーパーなどを着火剤代わりにします。ペーパーに火が着いたら、藁と藁の間に入れると火がつきやすくなります。火傷に注意してください。

8

藁に火がついて、ある程度煙が出てきたら、牛リブロースをアルミホイルごと置く。

POINT

藁の上に直接牛リブロースをのせると、くっついてしまうので必ずアルミホイルを敷いてください。

9

蓋をして30秒から1分程度燻製する。

POINT

燻製香を閉じ込め、藁が燃えすぎるのを防ぐため、必ず蓋をしてください。

瞬間藁スモークを仕上げます
10

牛リブロースを取り出し、お好みの厚さに切る。

皿に焼いた藁と牛リブロース、さつまいもを盛り、仕上げに塩(適量)を添えて完成。

ツナと赤玉ねぎのシラクーサ風カサレッチェ
下準備をします
1
  • カサレッチェを茹でるお湯を沸かし、2%程度の塩を入れる。(※目安:3Lのお湯に塩大さじ4)
  • 赤玉ねぎを薄めのスライスにする。
  • にんにくをみじん切りにする。
  • イタリアンパセリをみじん切りにする。
  • 唐辛子を半分に切り、種を取る。
POINT

使用は1/2本のみです。残った分はご自由にご利用ください。

カサレッチェを作ります
2

同じフライパンをペーパーで拭き取り、オリーブオイル(小さじ1)とにんにく(半量)を入れ弱火にかけ、オリーブオイルににんにくの香りを移す。

POINT

オリーブオイルにしっかりにんにくの香りを移すために、ゆっくり弱火で火にかけてください。

3
POINT

にんにくがうっすら色がついてきたらパン粉(5g)、塩(ひとつまみ)を加え、軽く炒める。

4

パン粉がパリッとしたらバットに取り出す。

5

同じフライパンをペーパーで拭き取り、オリーブオイル(大さじ1)と残りのにんにく、唐辛子(1/2本)を入れ弱火にかけ、オリーブオイルににんにくと唐辛子の香りを移す。

6

にんにくが色づいてきたらアンチョビを入れ、ヘラでアンチョビを崩しながら加熱する。

7

アンチョビがほぐれたら赤玉ねぎを入れ、中火で軽く炒める。

沸いたお湯でカサレッチェを表示時間より1分短い11分茹でる。

8

赤玉ねぎがしんなりしてきたら、ツナ缶(オイルごと)、ケッパー(10g)を入れる。

9

パスタの茹で汁(120ml)を入れ、ひと煮立ちさせてソースを作る。

10

カサレッチェが茹で上がったら、ソースの入ったフライパンに入れ、よく和える。

カサレッチェを仕上げます
11

味を見て足りなければ、塩(ひとつまみ)で味を調え、オリーブオイル(適量)をまわしかける。

皿に盛り付けて、イタリアンパセリとパン粉を散らして完成。