モッツァレラとベーコンを詰めた鶏モモ肉のインパナータ サツマイモのピュレ添え&パレルモ名物ノルマン人風パスタ(1キット2人前)
モッツァレラとベーコンを詰めた鶏モモ肉のインパナータ サツマイモのピュレ添え&パレルモ名物ノルマン人風パスタ(1キット2人前)
モッツァレラとベーコンを詰めた鶏モモ肉のインパナータ サツマイモのピュレ添え&パレルモ名物ノルマン人風パスタ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, モッツァレラとベーコンを詰めた鶏モモ肉のインパナータ サツマイモのピュレ添え&パレルモ名物ノルマン人風パスタ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, モッツァレラとベーコンを詰めた鶏モモ肉のインパナータ サツマイモのピュレ添え&パレルモ名物ノルマン人風パスタ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, モッツァレラとベーコンを詰めた鶏モモ肉のインパナータ サツマイモのピュレ添え&パレルモ名物ノルマン人風パスタ(1キット2人前)

モッツァレラとベーコンを詰めた鶏モモ肉のインパナータ サツマイモのピュレ添え&パレルモ名物ノルマン人風パスタ(1キット2人前)

通常価格
¥5,700
販売価格
¥5,700
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

【主菜】
インパナータは「インパナーレ=パン粉をつける」という意味の調理法。今回は大きく開いた鶏肉にベーコンと2種のチーズを巻いて、旨味とコクをプラスしました。セージの爽やかな香りが全体を華やかにまとめます。優しい甘みのサツマイモのピュレを少しつけて食べるとまた違う美味しさが口の中に広がります。
【副菜】
パスタ・アッラ・ノルマは、ノルマというイタリア オペラの代表作の名前で、その作曲家の好物であったことに由来するパスタです。ブカティーニという中央に空洞があるロングパスタは、トマトソースと相性抜群です。

注文〆切日
9月27日(火)10:00まで
お届け可能日
10月1日(土)、10月2日(日)
消費期限
10月2日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
卵、乳、小麦
必要な調理器具
フライパン、鍋、オーブン、ボウル、ミキサー、耐熱容器
調理時間
主菜55分、副菜40分(下準備除く)
このレシピの考案者
松山 喬洋
TAKAHIRO MATSUYAMA
イタリアンシェフ
INGREDIENTS
食材リスト
モッツァレラとベーコンを詰めた鶏もも肉のインパナータ

のシールの食材をお使いください。

  • 鶏もも肉
    1枚
  • ベーコン
    1袋(34g)
  • セージ
    4g程度
  • モッツァレラチーズ
    1袋(100g)
  • パルメザンチーズ
    1袋(7g)
  • 2個
  • 薄力粉
    1袋(10g)
  • パン粉
    70g
  • 玉ねぎ
    1/4個
  • さつまいも
    1本
  • バター
    1個(8g)
  • 牛乳
    1本(200ml)
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • サラダ油
  • オリーブオイル
  • 砂糖
パレルモ名物ノルマン人風パスタ

のシールの食材をお使いください。

  • ブカティーニ
    180g
  • トマト缶(ダイス)
    1缶(400g)
  • バジル
    4g程度
  • パルメザンチーズ
    3袋(21g)
  • バター
    2個(16g)
  • 長茄子
    1本
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
  • 茹で汁
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
モッツァレラとベーコンを詰めた鶏もも肉のインパナータ
下準備をします
1
  • 玉ねぎは薄くスライスする。
  • さつまいもは皮をむき、1cm角に切る。
  • セージは飾り用に1/3ほど残し、残りは葉を茎から外しておく。
  • 卵をバットに割り入れ、塩(ひとつまみ)、胡椒(適量)、水(大さじ2)を加えて溶き卵を作る。
  • パン粉は袋に入れたまま手で揉み、細かくする。
  • オーブンを170度に予熱する。
2
  • 鶏肉は皮を外し、厚みがある箇所に包丁を入れて観音開きにする。
POINT

食材を鶏肉で巻くので、大きく広げるように薄く開いてください。

  • 鶏肉の両面に塩(ふたつまみ)、胡椒(適量)をする。
鶏もも肉のインパナータを作ります
3

鍋にオリーブオイル(大さじ1)をひいて中火にかけ、玉ねぎ、塩(ひとつまみ)を入れて炒める。

玉ねぎが透き通ってきたら、さつまいも、オリーブオイル(大さじ3)を加えて炒める。

4

さつまいもの色が変わってきたらバター(1個)を入れる。

バターが溶けたら、下記食材を加えて中火のまま15分ほど煮る。

食材

牛乳 / 水(160ml) / 砂糖(ふたつまみ)

5

具材と水分が1対1程度になり、さつまいもが木べらで潰れるくらいまで煮えたら、ミキサーなどを使いピュレ状にする。

POINT

ミキサーが無い場合は、すり鉢やマッシャーなどで細かくすり潰してください。

6

鶏肉にベーコン、ちぎったモッツァレラチーズ、セージの葉をのせ、パルメザンチーズ(1袋)をかけて巻き上げる。

7

鶏肉に薄力粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつけたら、上からもう一度溶き卵、パン粉の順で衣をつけ、衣を二重にする。

POINT

衣を二重にすることで、オーブンで焼き上げた際にチーズが溶けだしてしまうのをできる限り防ぎます。

8

フライパンに多めのサラダ油(150ml程度)を入れて中火にかける。

油が温まったら鶏肉の巻き終わりを下にして入れ、各面2~3分程度揚げ焼きにする。

POINT

焼き上がった面にスプーンなどで油をかけながら焼くと、均一に火が通ります。

焼いていない面に油をかけてしまうと衣が落ちてしまうので、かけないように注意してください。

9

鶏肉の全面が焼き上がったら耐熱容器に取り出し、170℃のオーブンで10分焼く。

POINT

オーブンで焼く際に網の上にのせて焼くと、全面がパリッと仕上がります。

鶏もも肉のインパナータを仕上げます
10

焼き上がった鶏肉を2cm幅に切る。

皿にさつまいもピュレを敷き、鶏肉を盛り付ける。

セージを添えて、胡椒(適量)を振り完成。

パレルモ名物ノルマン人風パスタ
下準備をします
1
  • ブカティーニを茹でるお湯を沸かし、塩(1%濃度)を入れる。
  • バジルは飾り用に、綺麗な葉を2枚除けておく。
  • 長茄子は1cm幅の輪切りにする。
ノルマン人風パスタを作ります
2

沸かしたお湯で、ブカティーニを表示時間より1分短く茹でる。

注意点

茹で汁は後の工程でソースの調整に使用する場合があるので、捨てないようにしてください。

3

フライパンにオリーブオイル(大さじ5)をひいて中火にかける。

長茄子を入れて両面がきつね色になるまで焼いたら、ペーパーを敷いたバットに取り出し、温かいうちに塩(ひとつまみ)、胡椒(適量)をする。

4

同じフライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひいて弱火にかけ、トマト缶を入れる。

トマトがフツフツと沸いてきたら、バター(2個)、バジルの葉をちぎって加え、2分ほど軽く煮込んでソースを作る。

5

ブカティーニが茹で上がったら、ソースが入ったフライパンに加えて混ぜる。

パルメザンチーズ(1袋)を加えてよく混ぜ、味見をして塩(お好み)、胡椒(適量)で味を調える。

POINT

ソースが煮詰まり過ぎてしまった場合は、茹で汁でソースの濃度を調えてください。

ノルマン人風パスタを仕上げます
6

皿にブカティーニを盛り、長茄子と飾り用のバジルをのせる。

仕上げにパルメザンチーズ(2袋)、胡椒(適量)を振って、完成。