サーモンのピカタ 彩り野菜のケッカソース&アッシェ・パルマンティエ(1キット2人前)
サーモンのピカタ 彩り野菜のケッカソース&アッシェ・パルマンティエ(1キット2人前)
サーモンのピカタ 彩り野菜のケッカソース&アッシェ・パルマンティエ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, サーモンのピカタ 彩り野菜のケッカソース&アッシェ・パルマンティエ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, サーモンのピカタ 彩り野菜のケッカソース&アッシェ・パルマンティエ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, サーモンのピカタ 彩り野菜のケッカソース&アッシェ・パルマンティエ(1キット2人前)

サーモンのピカタ 彩り野菜のケッカソース&アッシェ・パルマンティエ(1キット2人前)

通常価格
¥5,100
販売価格
¥5,100
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

【主菜】
サーモンに、爽やかなディルの衣を纏わせた、ピカタです。バルサミコ酢の酸味やピーマンのほろ苦さ、トマトのフレッシュ感を残したケッカソースが、サーモンを引き立てます。食材に合わせた時間でソテーすることで、食感を活かした仕上がりとなります。

【副菜】
フランス定番の家庭料理「アッシェ・パルマンティエ」。ひき肉をしっかりと炒めることで旨味を引き出したミートソースと、マッシュポテトを層にし、チーズを乗せて焼き上げます。クリーミーで滑らかなポテトとミートソースのマリアージュをお楽しみください。肉や芋の種類を変えることで、様々なアレンジもお楽しみいただける一品です。

注文〆切日
11月9日(火)10:00まで
お届け可能日
11月13日(土)、11月14日(日)
消費期限
11月14日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
卵、乳、小麦、かに
必要な調理器具
フライパン、鍋、オーブン、耐熱皿、ボウル、ザル
調理時間
主菜25分、副菜35分(下準備除く)
このレシピの考案者
川島 大輔
DAISUKE KAWASHIMA
「bistro Tiroir」シェフ
INGREDIENTS
食材リスト
サーモンのピカタ 彩り野菜のケッカソース

のシールの食材をお使いください。

  • サーモン
    2切れ
  • 茄子
    1本
  • 玉ねぎ
    1/3個
  • ピーマン
    2個
  • トマト
    1/2個
  • バルサミコ酢
    15ml
  • ディル
    2g程度
  • 1個
  • パルメザンチーズ
    1袋(7g)
  • 薄力粉
    1袋(10g)
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
アッシェ・パルマンティエ

のシールの食材をお使いください。

  • 合いびき肉
    100g
  • 玉ねぎ
    2/3個
  • 赤ワイン
    30ml
  • トマト
    1/2個
  • じゃがいも(メークイン)
    2個
  • 牛乳
    125ml
  • シュレッドチーズ
    1袋(50g)
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
サーモンのピカタ 彩り野菜のケッカソース
下準備をします
1
  • トマトは種を取り1cm角にカットする。
  • 玉ねぎ(1/3個)は1cm角にカットする。
注意点

残り(2/3個)は副菜に使用します。

  • ピーマンは種を取り、1cm角にカットする。
  • 茄子はヘタを取り、半分に切って断面に格子状に切り込みを入れ、盛り付け時に自立するように皮側の中心部分を少しカットする。
  • ディルは茎から、葉を外して刻む。
  • サーモンの両面に塩(小さじ1/3)、胡椒(適量)をする。
  • バットに薄力粉を広げておく。
2
  • ボウルに下記食材を入れて混ぜ合わせ、卵液を作る。
食材

卵 / 塩(ひとつまみ) / 胡椒(適量) / ディル / パルメザンチーズ

サーモンのピカタを作ります
3

フライパンに下記食材を入れ、中火で食感が残る程度まで炒め、ボウルに移しておく。(目安:1分半〜2分程度)

食材

玉ねぎ(1cm角) / オリーブオイル(大さじ1) / 塩(ひとつまみ)

4

フライパンの油をペーパーで拭き、ピーマン、塩(ひとつまみ)を入れる。

同じく中火で食感が残る程度まで炒め、玉ねぎが入っているボウルに入れる。(目安:中火で1分程度)

POINT

この後ナスを焼く際にフライパンを使用するので、洗わなくて大丈夫です。

5

炒めた野菜の入ったボウルに下記食材を加え、混ぜ合わせてケッカソースを作る。

食材

トマト(1/2個分) / バルサミコ酢 / オリーブオイル(小さじ2) / 塩(ひとつまみ) / 胡椒(適量)

注意点

トマトは半量のみ使用します。残りは副菜で使用します。

6

ピーマンを炒めたフライパンをペーパーで拭き、オリーブオイル(大さじ2)をひいて中火にかける。

茄子を断面側から焼き、両面に焼き色が付いたらバットに移し、両面に塩(ふたつまみ)を振る。

POINT

途中で油が少なくなったら、追加してください。

この後サーモンを焼く際にフライパンを使用するので、洗わなくて大丈夫です。

7

サーモンから出た水分をペーパーで拭き取る。

薄力粉をまぶし、余分な粉を手ではたいてから、卵液にくぐらす。

この工程をもう1度繰り返す。

POINT

2回に分けて衣をつけることで、焼き上げた時に衣が剥がれにくくなります。

8

茄子を焼いたフライパンをペーパーで拭き、オリーブオイル(大さじ1)をひいて弱火にかけ、サーモンを入れて焼く。(各面30秒ずつ程度)

POINT

卵を焼き固めるイメージです。焦げないように弱火でゆっくり焼いてください。

卵液の絡みが悪く、衣がついていないようであれば、フライパンに直接卵液を流し入れ、衣がついていない面を下にして焼き上げると、綺麗なピカタができます。

サーモンのピカタを仕上げます
9

サーモンを縦半分にカットし、サーモンの間に茄子を盛り付ける。

ケッカソースをかけ、完成。

アッシェ・パルマンティエ
下準備をします
1
  • じゃがいもの皮をむき、2cm厚の輪切りにする。
  • 鍋にじゃがいも、水(じゃがいもが被るくらいの量)、塩(1%濃度)を入れて10分ほど茹でる。
POINT

竹串がスッと刺さる程度までしっかり茹でてください。

  • トマトは種を取り1cm角にカットする。(主菜・副菜共通)
  • 玉ねぎ(2/3個)はみじん切りにする。
注意点

残り1/3個は主菜で使用します。

アッシェ・パルマンティエを作ります
2

じゃがいもが茹で上がったらお湯を捨て、中火にかけて粉ふきいもにする。

POINT

じゃがいもを軽く炒って表面の水分を飛ばした状態が、粉ふきいもです。

3

牛乳(125ml)を加え中火にかけ、木べらでじゃがいもを潰す。

濃度がついてきたら、塩(小さじ1/6)、胡椒(適量)で味を調え、じゃがいものピュレを作る。

注意点

牛乳は125mlのみ使用します。全量使用しないように注意してください。

4

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひいて弱火にかけ、玉ねぎ(みじん切り)、塩(ひとつまみ)を入れ水分が抜けるまで炒める。

POINT

じっくりと玉ねぎを炒めることで、玉ねぎの旨み、甘みを引き出します。

玉ねぎを味見して食感が無くなる程度まで炒めてください。

5

ひき肉を入れ、塩(ひとつまみ)、胡椒(適量)をして炒める。

POINT

ひき肉を入れたらなるべく動かさず、焼き色をつけるように焼いてください。

6

ひき肉に火が通ったら赤ワイン、トマト(1/2個分)を入れて煮詰める。

味見をして塩・胡椒(適量)で味を調え、ミートソースを作る。

注意点

トマトは半量のみ使用します。残りは主菜で使用します。

POINT

トマトが潰れて水分が無くなる程度まで、しっかり煮詰めてください。

7

耐熱容器にミートソースとじゃがいものピュレを4層になるように交互に重ね、シュレッドチーズを上からかける。

POINT

4層にすることで、味が均一になるように仕上げています。 

アッシェ・パルマンティエを仕上げます
8

オーブントースターで焼き色が付くまで焼き、完成。

POINT

オーブントースターが無い場合は、200度のオーブンで焼き色がつくまで焼いてください。