カジキマグロのシチリア風パン粉焼き&イタリア版ポテトサラダ(インサラータ・ルッサ)(1キット2人前)
カジキマグロのシチリア風パン粉焼き&イタリア版ポテトサラダ(インサラータ・ルッサ)(1キット2人前)
カジキマグロのシチリア風パン粉焼き&イタリア版ポテトサラダ(インサラータ・ルッサ)(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, カジキマグロのシチリア風パン粉焼き&イタリア版ポテトサラダ(インサラータ・ルッサ)(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, カジキマグロのシチリア風パン粉焼き&イタリア版ポテトサラダ(インサラータ・ルッサ)(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, カジキマグロのシチリア風パン粉焼き&イタリア版ポテトサラダ(インサラータ・ルッサ)(1キット2人前)

カジキマグロのシチリア風パン粉焼き&イタリア版ポテトサラダ(インサラータ・ルッサ)(1キット2人前)

通常価格
¥4,800
販売価格
¥4,800
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

【主菜】
イタリア・シチリア島名物メカジキのパン粉焼き。イタリアの魚屋ではまるまると1尾で売られているほど、メカジキは好んで食べられています。魚屋にぶつ切りにしてもらったものをパン粉焼きにし、レモンを絞って食べるのがシチリア流。シチリアの白ワインがよく合う一皿です。
【副菜】
インサラータ・ルッサは、19世紀にコックがロシア要人をもてなす際に考案されてと言われており、以後イタリア各地で食べられている国民食に。自家製のマヨネーズに、色とりどりの野菜とオリーブなどを和えて作ります。普段のポテトサラダとは違う、イタリアの彩りサラダをお楽しみください。

注文〆切日
11月16日(火)10:00まで
お届け可能日
11月20日(土)、11月21日(日)
消費期限
11月21日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
卵、乳、小麦
必要な調理器具
鍋、ボウル
調理時間
主菜55分、副菜40分(下準備除く)
このレシピの考案者
TastyTable
TASTYTABLE ORIGINAL
オリジナルレシピ
INGREDIENTS
食材リスト
カジキマグロのシチリア風パン粉焼き

のシールの食材をお使いください。

  • カジキマグロ
    2切れ
  • パン粉
    40g
  • イタリアンパセリ
    1g程度
  • にんにく
    1片(5g程度)
  • アーモンド
    15g
  • トマトペースト
    1/3本(6g)
  • パルメザンチーズ
    1袋(7g)
  • レモン
    2/3個
  • ミニトマト
    2個
  • ベビーリーフ
    20g
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
イタリア版ポテトサラダ(インサラータ・ルッサ)

のシールの食材をお使いください。

  • じゃがいも(メークイン)
    1個
  • いんげん
    3本
  • 人参
    50g
  • オリーブ
    15g
  • 卵黄
    2個分
  • 白ワインビネガー
    5ml
  • レモン
    1/3個
  • イタリアンパセリ
    1g程度
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
カジキマグロのシチリア風パン粉焼き
下準備をします
1
  • パン粉は手で細かくする。
  • にんにくは皮をむき、軽く潰しておく。
  • レモン(2/3個)を飾り用に薄くスライスする。
注意点

残りのレモン(1/3個)は副菜で使用します。

  • ミニトマトはヘタを取り、お好みの厚さにスライスする。
  • アーモンドを粗みじんにする。
POINT

アーモンドは瓶の底などで潰しても問題ありません。

  • イタリアンパセリはみじん切りにする。(主菜・副菜共通)
シチリア風パン粉焼きを作ります
2

フライパンに下記食材を入れ、弱火で軽く色がつく程度まで炒る。

食材

パン粉 / イタリアンパセリ(送付量の1/2) / にんにく / アーモンド / トマトペースト(1/3本) / 塩(小さじ1/6) / 胡椒(適量) / オリーブオイル(小さじ1)

注意点

イタリアンパセリは副菜でも使用します。

トマトペーストは1/3本のみ使用します。

3

炒ったパン粉をバットなどに移し、粗熱が取れたら、パルメザンチーズを加えてよく混ぜる。

4

カジキマグロに塩・胡椒(適量)をする。

オリーブオイル(適量)を全面に塗り、全面にしっかりとパン粉をまぶす。

5

フライパンにオリーブオイル(大さじ3)をひき中火にかけ、カジキマグロの両面がきつね色になるまで焼く。

POINT

火を通し過ぎるとカジキマグロが固くなるため、中心には余熱で火を入れるイメージで焼いてください。

シチリア風パン粉焼きを仕上げます
6

皿に、ベビーリーフとカジキマグロを盛り、レモンとミニトマトを飾る。

お好みでベビーリーフにオリーブオイル(適量)、塩(適量)をかけ、完成。

POINT

お好みで、飾りのレモンをカジキマグロにかけてお召し上がりください。

イタリア版ポテトサラダ(インサラータ・ルッサ)
下準備をします
1
  • 鍋にお湯を沸かす。
  • じゃがいも、人参の皮をむき、1cm角程度のさいの目切りにする。
  • いんげんは3cm程度にカットする。
  • 卵を卵黄と卵白に分ける。
注意点

卵黄のみ使用します。卵白はご自由にお使いください。

  • オリーブを半分に切る。
  • レモン(1/3個)を薄くスライスし、半分に切って半月切りにする。
注意点

残りのレモン(2/3個)は主菜で使用します。

  • イタリアンパセリはみじん切りにする。(主菜・副菜共通)
ポテトサラダを作ります
2

沸騰したお湯に人参を入れて2分間茹で、じゃがいもを入れて4分茹でる。

その後、いんげんを入れて2分茹で、全部の野菜が柔らかくなったらザルにあげる。

POINT

火が入りにくい野菜からお湯に入れていくのがポイントです。

いんげんはさっと茹でることで色と食感を残します。

3

ボウルに下記食材を入れ、よく混ぜる。

食材

卵黄 / 塩(ふたつまみ) / 胡椒(適量) / 白ワインビネガー

よく混ざったら、オリーブオイル(大さじ4)を少しずつ入れ、さらによく混ぜドレッシングを作る。

4

ドレッシングの入ったボウルに下記食材を入れて和える。

食材

人参 / じゃがいも / いんげん / オリーブ / 塩・胡椒(お好み)

ポテトサラダを仕上げます
5

皿に盛り、イタリアンパセリ(送付量の1/2)、レモンを飾り、完成。

注意点

イタリアンパセリは主菜でも使用します。