和牛肩ロースのタリアータ~シェフ直伝の火入れ~黒にんにくのソース&ブロッコリーとじゃがいものフリッタータ(1キット2人前)
和牛肩ロースのタリアータ~シェフ直伝の火入れ~黒にんにくのソース&ブロッコリーとじゃがいものフリッタータ(1キット2人前)
和牛肩ロースのタリアータ~シェフ直伝の火入れ~黒にんにくのソース&ブロッコリーとじゃがいものフリッタータ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 和牛肩ロースのタリアータ~シェフ直伝の火入れ~黒にんにくのソース&ブロッコリーとじゃがいものフリッタータ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 和牛肩ロースのタリアータ~シェフ直伝の火入れ~黒にんにくのソース&ブロッコリーとじゃがいものフリッタータ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 和牛肩ロースのタリアータ~シェフ直伝の火入れ~黒にんにくのソース&ブロッコリーとじゃがいものフリッタータ(1キット2人前)

和牛肩ロースのタリアータ~シェフ直伝の火入れ~黒にんにくのソース&ブロッコリーとじゃがいものフリッタータ(1キット2人前)

通常価格
¥6,000
販売価格
¥6,000
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

今回はサシが多いA5ランクではなく、赤身とサシのバランスが良いA4ランクの和牛を使用しました。 和牛の肩ロースに一工夫加えることで、抜群の火入れをご家庭でも再現していただくことができます。イタリアではよくバルサミコ酢をソースにしますが、フライパンに残った肉汁で簡単なソースを作り、サラダとの相性を引き上げます。 副菜のフリッタータは、生クリームとパルメザンチーズの入ったコクのある濃厚なアパレイユと、野菜の甘みがマッチした一品です。 ブロッコリーとジャガイモをさっと茹でる程度にして食感を残すことにより、楽しい食感のフリッタータに仕上がります。

この料理には「赤ワイン(ミディアムボディー)」がよく合います。
注文〆切日
5月25日(火)12:00まで
お届け可能日
5月29日(土)、5月30日(日)
消費期限
5月30日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
卵、乳、かに
必要な調理器具
フライパン、鍋、電子レンジ、オーブン、ミキサー
このレシピの考案者
中東 俊文
TOSHIFUMI NAKAHIGASHI
「erba da nakahigashi」シェフ
INGREDIENTS
食材リスト
和牛肩ロースのタリアータ~シェフ直伝の火入れ~黒にんにくのソース

のシールの食材をお使いください。

  • 黒毛和牛肩ロース
    300g
  • 黒にんにく
    4片(20g程度)
  • 赤ワイン
    50ml
  • はちみつ
    1/3袋(5g)
  • エシャロット
    20g
  • ルッコラ
    20g
  • パルメザンチーズ
    1袋(7g)
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
ブロッコリーとじゃがいものフリッタータ

のシールの食材をお使いください。

  • ブロッコリー
    1/4株
  • じゃがいも
    1個
  • 2個
  • 生クリーム
    20ml
  • パルメザンチーズ
    2袋(14g)
  • アンチョビ
    10g程度
  • にんにく
    1片(5g程度)
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
  • お湯
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
和牛肩ロースのタリアータ~シェフ直伝の火入れ~黒にんにくのソース
下準備をします
1
  • オーブンを210℃に予熱しておく。
  • エシャロットをみじん切りにする。
  • 黒にんにくの皮を剥く。
  • ルッコラは冷水にさらしておく。
2
  • 牛肉に塩(小さじ1/2)をして、ラップで包む。
  • ラップで包んだ牛肉を電子レンジ200wで2分温め、ひっくり返してもう2分温める。
POINT

お使いの電子レンジに200wがない場合は、解凍モードで同じように温めてください。

タリアータを作ります
3

フライパンを煙が出る程度まで強火で熱し、牛肉の脂身側から脂を出すように焼く。

4

その後、牛肉の全面を焼き固める。

POINT

表面に香ばしい焼き色がついたら、問題ありません。

肉を焼いたフライパンはソースを作る際に使用するため、洗わないように注意してください。

5

牛肉の全面に焼き色がついたら、210℃に予熱したオーブンで3分間焼く。

6
POINT

オーブンで3分加熱したら、そのまま常温で休ませてください。

7

肉を焼いたフライパンに残っている油を捨て、エシャロットを入れて、透明になるまで弱火で炒める。

8

赤ワイン(50ml)、はちみつ(1/3袋)を加える。

ひと煮立ちしたら火を止めてミキサーに移す。

注意点

アルコールを飛ばした後、そのままフライパンに入れておくと、余熱でワインが蒸発してしまうため、すぐにミキサーに移してソースを作ります。

9

ワインのアルコールが飛んだら、黒にんにくと合わせてミキサーにかける。

POINT

ミキサーがない場合は、にんにくをフォークなどで潰して、ワインと混ぜ合わせ、ペースト状にしてください。

10

ソースを作ったフライパンを軽く洗い、オリーブオイル(大さじ1と1/3)をひき、強火で牛肉の側面を両面焼く。

POINT

側面のみを焼くことによって、火が入りすぎることを防ぎます。

タリアータを仕上げます
11

スプーンで黒にんにくのソースの形を整える。

12

牛肉を食べやすい大きさにカットし、皿に牛肉とルッコラを盛る。

端にソースを添え、パルメザンチーズ(1袋)とオリーブオイル(小さじ1)をかけて完成。

ブロッコリーとじゃがいものフリッタータ
下準備をします
1
  • じゃがいもの皮をむき、2㎝角程度にカットする。
  • にんにくはみじん切りにする。
  • アンチョビは軽く刻んでおく。
  • ブロッコリーはひと口大の大きさにカットする。
2
POINT

ブロッコリーの芯は筋が多いので皮を厚めにむき、中心の柔らかい部分のみ使用します。

フリッタータを作ります
3

鍋に、じゃがいも、水、塩(ひとつまみ)を入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせる。

4

ひと煮立ちしたら、ブロッコリーを加え、再度沸騰したらザルにあげる。

5

フライパンにオリーブオイル(大さじ1と1/3)、アンチョビ、にんにくを入れて、中火にかける。

アンチョビが細かくほぐれて、にんにくが軽く色づくまでじっくり炒める。

6

にんにくが色づいたら、じゃがいも、ブロッコリーを加え、2分ほど中火のまま炒める。

7

ボウルに卵、生クリーム(20ml)、パルメザンチーズ(2袋)、塩(小さじ1/6)を入れ、よくかき混ぜる。

8

溶いた卵をフライパンにそそいで軽く混ぜ、トロトロになってきたところで蓋をして弱火で5分焼く。

9
POINT

写真のように表面の卵が固まってきたら、焼き上がりの目安です。

フリッタータを仕上げます
10

焼きあがったら、お好みの大きさにカットし、皿に盛り付けて完成。

POINT

写真では、カットせずに盛り付けています。