米沢牛肩ロースのロトリーノ&秋ナスのノルマ風スパゲッティ(1キット2人前)
米沢牛肩ロースのロトリーノ&秋ナスのノルマ風スパゲッティ(1キット2人前)
米沢牛肩ロースのロトリーノ&秋ナスのノルマ風スパゲッティ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 米沢牛肩ロースのロトリーノ&秋ナスのノルマ風スパゲッティ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 米沢牛肩ロースのロトリーノ&秋ナスのノルマ風スパゲッティ(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 米沢牛肩ロースのロトリーノ&秋ナスのノルマ風スパゲッティ(1キット2人前)

米沢牛肩ロースのロトリーノ&秋ナスのノルマ風スパゲッティ(1キット2人前)

通常価格
¥10,800
販売価格
¥10,800
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

主菜の和牛の肩ロースをスライスして巻いて焼くお料理は、硬い肉しか手に入らなかった南イタリアの郷土料理。今回は贅沢に米沢牛でお召し上がりください。ケッパーやハーブを入れることで肉の脂をしつこさを和らげます。副菜は肉すら手に入らなかった人たちが、肉の代わりにたっぷりの茄子を入れて満足していたと言われている南イタリアの名物料理。現代ではそのさっぱりとした感じが食べやすく、支持を得ています。

注文〆切日
9月7日(火)10:00まで
お届け可能日
9月11日(土)、9月12日(日)
消費期限
9月12日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
小麦、乳
必要な調理器具
ボウル、フライパン、楊枝、鍋
調理時間
主菜40分、副菜45分(下準備除く)
このレシピの考案者
中東 俊文
TOSHIFUMI NAKAHIGASHI
「草片cusavilla」シェフ
INGREDIENTS
食材リスト
米沢牛肩ロースのロトリーノ

のシールの食材をお使いください。

  • 米沢牛肩ロース
    150g×2枚
  • ケッパー
    10g
  • イタリアンパセリ
    2g程度
  • 白ワイン
    65ml
  • 薄力粉
    2袋(20g)
  • ローズマリー
    1g程度
  • にんにく
    1片(5g程度)
  • ルッコラ
    30g
  • アーモンド
    20g
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
秋ナスのノルマ風スパゲッティ

のシールの食材をお使いください。

  • スパゲッティ
    120g
  • トマト缶(ホール)
    3/4缶(300g)
  • にんにく
    1片(5g程度)
  • 玉ねぎ
    1/2個
  • 茄子
    3本
  • バジル
    2g程度
  • パルメザンチーズ
    3袋(21g)
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
  • 茹で汁
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
米沢牛肩ロースのロトリーノ
下準備をします
1
  • 米沢牛は常温に戻しておく。
  • イタリアンパセリは葉を茎から外し、みじん切りにする。
注意点

茎は捨てないようにしてください。

  • ケッパーはみじん切りにする。
  • にんにく(1片)は皮をむき、縦半分に切り、芯があれば取り除く。半分はみじん切りにし、もう半分は潰しておく。
注意点

にんにくは副菜と合わせてお送りしています。

  • ルッコラは根を落とし、40℃くらいのぬるま湯にさらし、水気を切る。
  • アーモンドは8等分にする。
2
  • フライパンにカットしたアーモンドを入れて強火にかけ、フライパンをゆすりながらローストする。薄く色づいたらバットなどに取り出しておく。
ロトリーノを作ります
3

米沢牛に塩(2枚で小さじ1/3)を片面に振る。塩を振った面にアーモンド、にんにく(みじん切り)、イタリアンパセリ(みじん切り)を広げる。

4

肉の幅が狭い方からきつめに巻き、巻き終わりを3ヶ所楊枝で留める。

薄力粉を全体にまぶす。

5

フライパンを強火にかけしっかりと温めたら、中火に落とし下記食材を順番に入れる。

食材

1.オリーブオイル(大さじ1) / 2.にんにく(潰したもの) / 3.ローズマリー / 4.イタリアンパセリの茎 / 5.米沢牛

6

片面にしっかりと焼き色がついたら、裏返す。

にんにく、ローズマリー、イタリアンパセリが色づいてきたら肉の上にのせ、香りを移しながら焼く。

7

牛肉の両面に焼き色が付いたら、ケッパーを加え火を消す。

白ワインを加え再度中火にかけ、ソースを肉全体にサッとまとわせる。

ロトリーノを仕上げます
8

ロトリーノの楊枝を外し、それぞれ3等分にカットする。

ルッコラとロトリーノを盛り付け、フライパンに残ったソースをかけて完成。

秋ナスのノルマ風スパゲッティ
下準備をします
1
  • にんにく(1片)は皮付きのまま潰しておく。
注意点

にんにくの皮はむかないように注意してください。

にんにくは主菜と合わせてお送りしています。

  • 茄子は縦に4等分にし、2cm幅のいちょう切りにする。
  • 玉ねぎはみじん切りにする。
  • パスタの折り返している部分を折り、パスタの長さを揃える。
  • ホールトマトは300gに計量しておく。
注意点

ホールトマトは300gのみ使用します。全量使用しないように注意してください。

  • パスタを茹でる用のお湯を沸かし、塩(水量に対して1%)を加える。
スパゲッティを作ります
2

フライパンにオリーブオイル(大さじ3)、潰したにんにくを入れ強火にかける。

にんにくが色づき、香りが出てきたら茄子を入れる。

パチパチと音がしてきたら、中火に落とし塩(小さじ1/3)を加えて、全体に焼き色をつけるように焼く。

POINT

茄子を入れてからはあまり動かさずに、焼き色がついたら混ぜるようにしてください。

頻繁に混ぜるとキュッキュッという皮の嫌な食感が残ってしまいます。

3

茄子全体に焼き色がつき、とろっとしてきたら取り出す。

POINT

鍋の中に油が残っている場合は、取り出した茄子にかけてください。

にんにくはこの後の工程では使用しないので、除いてしまって問題ありません。

注意点

フライパンは次の工程でそのまま使用するので洗わないようにしてください。

4

同じフライパンを弱火にかけ、玉ねぎ、塩(小さじ1/3)を加える。

底の焦げ目が外れるようになったら、オリーブオイル(大さじ2)を加え中火で炒める。

玉ねぎが色づいたらホールトマトを加える。

5

トマトを潰しながら、強火でトマトの水分が飛ぶまで煮詰め、トマトソースを作る。

POINT

底が色づいてきたら混ぜるようにし、焦げそうな場合には弱火に落として加熱してください。

水分を飛ばすことでトマトの旨みを濃縮し、ソースに深みを出します。

6

パスタ用のお湯で、スパゲッティを表示時間より1分短く茹でる。

注意点

茹で汁はソースに使用するので、捨てないように注意してください。

7

茹で汁(180ml)をトマトソースに加えて強火で加熱し、茹で上がったパスタをトマトソースの入ったフライパンに加える。

少し煮てパスタの硬さがちょうどよくなったら、茹で汁(30ml)を加え、ソースが底にたまるくらいになったら火を止める。

8

パルメザンチーズ(2袋)、オリーブオイル(大さじ1.5)を加え、フライパンをあおってよく乳化させる。

POINT

あおるのが難しい場合は、トングなどでぐるぐるとよくかき混ぜるだけでも問題ありません。

バジル(送付量の半量)をちぎってパスタに混ぜ込み、茹で汁(適量)でソースの濃度の調整をする。

POINT

フライパンを傾け、トマトソースが滲み出てくるくらいの水分量になるよう、調整してください。

スパゲッティを仕上げます
9

パスタをねじるように盛り付け、上から茄子、パルメザンチーズ(1袋)、残りのバジルを飾って完成。