スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース&ビーツと胡桃のサワークリーム和え(1キット2人前)
スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース&ビーツと胡桃のサワークリーム和え(1キット2人前)
スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース&ビーツと胡桃のサワークリーム和え(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース&ビーツと胡桃のサワークリーム和え(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース&ビーツと胡桃のサワークリーム和え(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース&ビーツと胡桃のサワークリーム和え(1キット2人前)

スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース&ビーツと胡桃のサワークリーム和え(1キット2人前)

通常価格
¥5,600
販売価格
¥5,600
通常価格
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

【主菜】
鴨肉にペッパー、ナツメグ、ジンジャー、クローブの4種類を合わせたスパイス「キャトルエピス」を振り、ジューシーに焼き上げました。付け合わせには加熱したときの甘みと食感が特徴の、下仁田ねぎのリゾットを添え、鴨肉の美味しさをより引き立たせます。スパイスの香りがアクセントになり、赤ワインと相性抜群です。
【副菜】
色鮮やかで食卓を一気に華やかにしてくれる野菜「ビーツ」は、しっかりと下茹でをすることで独特の香りが軽減され、食べやすくなります。クリスマスを連想させるようなきれいな彩りも、この時期にぴったりな一品です。

注文〆切日
12月13日(火)10:00まで
お届け可能日
12月17日(土)、12月18日(日)
消費期限
12月18日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
乳、小麦、かに
必要な調理器具
炊飯器、フライパン、鍋、ザル、ボウル
調理時間
主菜40分、副菜25分(下準備除く)
このレシピの考案者
広瀬 亮
RYO HIROSE
「Tatsumi」オーナーシェフ
INGREDIENTS
食材リスト
スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース

のシールの食材をお使いください。

  • 鴨ロース
    1枚
  • キャトルエピス
    0.8g
  • 下仁田ねぎ
    1本
  • バター
    2個(16g)
  • チキンブイヨン
    1/3本(2g)
  • サワークリーム
    約1/5本(18g)
  • 生クリーム
    80ml
  • 赤玉ねぎ
    1/2個
  • 赤ワイン
    30ml
  • フォンドヴォー
    1本(30g)
  • イタリアンパセリ
    2g程度
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
ビーツと胡桃のサワークリーム和え

のシールの食材をお使いください。

  • ビーツ
    1個
  • 赤玉ねぎ
    1/2個
  • サワークリーム
    約4/5本(60g)
  • レモン
    1/4個
  • イタリアンパセリ
    2g程度
  • 胡桃
    10g
ご家庭にあるもの
  • 胡椒
  • オリーブオイル
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース
下準備をします
1
  • ご飯(1合)を炊いておく。
  • 鴨肉とサワークリーム(送付量の1/5)は室温に置き、常温に戻す。
  • 赤玉ねぎ(送付量の1/2)は繊維に対して垂直に2等分したら、繊維に沿って1cm幅にスライスする。
注意点

赤玉ねぎ、サワークリームは副菜分とまとめてお送りしています。

  • 下仁田ねぎは、青い部分も含めて1cm角に切る。
2
  • 鴨肉の筋を取って皮目に格子状の切り込みを入れ、両面に塩(小さじ1)を振る。
POINT

気になる筋がなければ、筋は取らずにそのままでも問題ありません。

  • 皮目に胡椒(適量)、キャトルエピスを振る。
鴨肉のポワレを作ります
3

フライパンに鴨肉の皮目を下にして入れ、強火にかける。

パチパチと音がして皮目から脂が出てきたら、弱火に落として5分ほど焼く。

注意点

スパイスは焦げやすいので、皮目に注意しながら焼いてください。

4

皮目がパリッとして焼き色がついたら裏返し、更に4分ほど焼く。

5

焼きあがった鴨肉をアルミホイルで包み、10分ほど休ませる。

注意点

鴨肉を焼いたフライパンでソースを作るので、洗わないように注意してください。

6

鍋にバター(1個)、下仁田ねぎを入れ、中火にかけて炒める。

しんなりとしたら弱火に落とし、下記食材を入れて加熱する。(目安:1分程度)

食材

ご飯(140g程度) / 水(140ml) / チキンブイヨン(1/3本)

注意点

チキンブイヨンは1/3本(2g)のみ使用します。残りはご自由にお使いください。

7

水分が煮詰まってきたら下記調味料を加え、味を調えてリゾットの完成。

調味料

常温に戻したサワークリーム / 生クリーム(60ml) / 塩(小さじ1/3)

注意点

生クリームは60mlのみ使用します。残りは後の工程で使用します。

8

鴨肉を焼いたフライパンの残った脂を捨て、オリーブオイル(大さじ1)をひいて中火にかける。

赤玉ねぎを入れて炒め、しんなりしてきたら赤ワインを加え、水分が完全になくなるまで煮詰める。

POINT

赤ワインの水分を飛ばすことで、果実味や旨味を凝縮します。

9

下記調味料を加えて温め、ソースの完成。

食材

フォンドヴォー / バター(1個) / 生クリーム(20ml) / 胡椒(適量) / ホイルに残った鴨肉の肉汁

注意点

残りの生クリームはご自由にお使いください。

鴨肉のポワレを仕上げます
10

鴨肉を薄くスライスし、皿にリゾットと鴨肉を盛り付ける。

上からソースをかけてイタリアンパセリ(送付量の1/2)を飾り、完成。

注意点

イタリアンパセリは副菜分とまとめてお送りしています。

ビーツと胡桃のサワークリーム和え
下準備をします
1
  • イタリアンパセリ(送付量の1/2)はみじん切りにする。
  • 赤玉ねぎ(送付量の1/2)は薄切りにする。
注意点

イタリアンパセリ、赤玉ねぎは主菜分とまとめてお送りしています。

  • ビーツは皮をむき、3~5mm幅のいちょう切りにする。
  • レモンを絞り、レモン汁を作る。
  • フライパンに胡桃を入れて香りが出るまで乾煎りし、食べやすい大きさに砕く。
サワークリーム和えを作ります
2

お湯を沸かして塩(3%濃度)を入れ、ビーツを8分ほど茹でる。

POINT

少し食感が残っている程度まで茹でることで、甘みが増します。

ビーツがお湯の中で対流して浮いてくるようになったら、茹で上がりの目安です。

3

ビーツが茹で上がる直前に赤玉ねぎを入れ、サッと一緒に茹でたらザルにあげて水気を切る。

POINT

赤玉ねぎはサッと茹でることで食感を残し、辛みを抜くことができます。

4

ボウルに下記食材を入れて混ぜ合わせ、ソースを作る。

食材

サワークリーム(送付量の4/5) / レモン汁 / オリーブオイル(大さじ1) / 胡椒(お好み)

注意点

サワークリームは主菜分とまとめてお送りしています。

5

ソースが入ったボウルに、ビーツと赤玉ねぎを入れてよく混ぜ合わせる。

POINT

ビーツが温かいうちにソースと合わせると、味が馴染みやすくなります。

6

ソースがよく馴染んだら下記食材を加えて混ぜ、味を調える。

食材

イタリアンパセリ(みじん切りしたうちの半量) / 胡桃 / 塩(小さじ1/3)

注意点

残りのイタリアンパセリは盛り付けで使用します。

ラップをして30分~1時間ほど冷蔵庫で冷やす。

サワークリーム和えを仕上げます
7

皿に盛り、残りのイタリアンパセリを散らす。

オリーブオイル(大さじ1)を回しかけ、胡椒(適量)を振って完成。