【2周年記念】ヤリイカとイカスミのリゾット パレルモ風レモンの香り&ホワイトアスパラのパート焼き アンチョビクリームソース(1キット2人前)
【2周年記念】ヤリイカとイカスミのリゾット パレルモ風レモンの香り&ホワイトアスパラのパート焼き アンチョビクリームソース(1キット2人前)
【2周年記念】ヤリイカとイカスミのリゾット パレルモ風レモンの香り&ホワイトアスパラのパート焼き アンチョビクリームソース(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【2周年記念】ヤリイカとイカスミのリゾット パレルモ風レモンの香り&ホワイトアスパラのパート焼き アンチョビクリームソース(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【2周年記念】ヤリイカとイカスミのリゾット パレルモ風レモンの香り&ホワイトアスパラのパート焼き アンチョビクリームソース(1キット2人前)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【2周年記念】ヤリイカとイカスミのリゾット パレルモ風レモンの香り&ホワイトアスパラのパート焼き アンチョビクリームソース(1キット2人前)

【2周年記念】ヤリイカとイカスミのリゾット パレルモ風レモンの香り&ホワイトアスパラのパート焼き アンチョビクリームソース(1キット2人前)

通常価格
¥5,500
販売価格
¥5,500
通常価格
¥8,800
注文受付 準備中
単価
あたり 
税込

キット

リゾットは人気のイカスミのリゾットを、南イタリアのシチリア州パレルモ風にレモンで爽やかに仕上げました。シンプルに見えてヤリイカとイカスミがふんだんに入っていて食べ応えがあります。 副菜にはホワイトアスパラをちょっと一手間かけて、パート焼きにしました。季節の緑豆と生ハムと共に、アンチョビクリームソースはかなり病みつきになる相性バツグンのソースです。

この料理には「白ワイン(辛口)」がよく合います。
注文〆切日
6月15日(火)10:00まで
お届け可能日
6月19日(土)、6月20日(日)
消費期限
6月20日(日)
お届け
クール宅急便(冷蔵タイプ)
7大アレルゲン
乳、小麦、えび、かに
必要な調理器具
フライパン、鍋、ボウル、バット
調理時間
主菜45分、副菜40分(下準備除く)
このレシピの考案者
泥谷 俊介
SHUNSUKE HIJIYA
「LUOGO」シェフ
INGREDIENTS
食材リスト
ヤリイカとイカスミのリゾット パレルモ風レモンの香り

のシールの食材をお使いください。

  • ヤリイカ
    4杯
  • レモン
    1個
  • にんにく
    1片(5g程度)
  • ダイストマト缶
    80g
  • 玉ねぎ
    1/4個
  • 白ワイン
    30ml
  • イカスミペースト
    2袋(8g)
  • イタリアンパセリ
    2g程度
  • フュメドポワソン
    1本(6g)
ご家庭にあるもの
  • オリーブオイル
  • お湯
ホワイトアスパラのパート焼き アンチョビクリームソース

のシールの食材をお使いください。

  • ホワイトアスパラガス
    4本
  • グリーンアスパラガス
    2本
  • インゲン
    2本
  • 春巻きの皮
    4枚
  • 生ハム
    1パック(30g)
  • にんにく
    1片(5g程度)
  • アンチョビ
    10g
  • 生クリーム
    1本(100ml)
  • 白ワイン
    30ml
  • 薄力粉
    1袋(10g)
ご家庭にあるもの
  • サラダ油
  • オリーブオイル
DELIVERY
配送について
【配送されたお野菜について】
  • 食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。
    その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。
  • 野菜は全て洗ってご使用ください
【食材の配送について】
品質、安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける)ことができないものがございます。
例:生クリーム、牛乳、缶詰等...
RECIPE
レシピ
ヤリイカとイカスミのリゾット パレルモ風レモンの香り
下準備をします
1
  • 鍋にお湯を630ml程度沸かしておく。
  • お湯(500ml)にフュメドポワソンを溶かしておく。
POINT

残りのお湯はリゾットの硬さの調整で使用しますので、捨てずにとっておいてください。

  • にんにくはみじん切りにする。(主菜・副菜共通)
  • 玉ねぎ、イタリアンパセリはそれぞれみじん切りにしておく。
  • レモンは飾り用に薄くスライスにしておく。
2

ヤリイカは身を開き、身とげその水分をペーパーでしっかり取っておく。

水分を取ったヤリイカを食べやすい大きさにカットしておく。

POINT

イカはしっかり水分を取ることで、臭みを除くことが出来ます。

げそはカットせず、そのまま使用します。

イカスミのリゾットを作ります
3

鍋にオリーブオイル(大さじ2)をひき、にんにくを入れ弱火で香りを出すように炒める。

にんにくがうっすら色づいたら、玉ねぎを加え色がつくまで弱火でソテーする。

4

玉ねぎに色がついたら、生米(100g)を洗わずに加え、米全体にオイルを絡めるように強火でソテーする。

POINT

生米を洗ってしまうと、米が水分を吸いやすくなり、粘り気のあるリゾットになってしまいます。

5
POINT

パチパチと音が鳴ってしまうと焦げ始めている合図なので、米が焦げないように手早くかき混ぜてください。

オリーブオイルが米全体に絡まったら、次の工程に進んでください。

6

米が熱くなったら、白ワインを加えアルコールをしっかり飛ばす。

7

アルコールが飛んだら、ダイストマト缶(80g)とフュメドポワソン(500ml)を加える。

沸騰するまで強火で加熱し、沸いたら中火でフツフツしている状態を保ち、たまにかき混ぜながら煮詰めていく。

POINT

混ぜすぎるとお米の形が崩れて粘りがでてしまうので、混ぜすぎないように注意してください。

トマト缶は80gのみ使用します。全量使用しないよう注意してください。

8

沸騰してから5分ほど経過したら、イカスミペーストを入れよく混ぜる。

時々混ぜながら、水分が足りなければお湯を少しずつ足していく。

POINT

加熱時間の目安は、1つ前の工程を含めて全体で13~15分程度です。

後半は鍋底に焦げつきやすいので注意してください。

9

フライパンにオリーブオイル(小さじ1)をひき、ヤリイカを強火でサッとソテーし、塩(ひとつまみ)をする。

POINT

強火でサッとソテーすることで、香ばしさが付きより美味しくなります。

10

米の硬さとソースの水分量がお好みの状態になったら、火を止める。

ソテーしたヤリイカとオリーブオイル(小さじ1)を加え、混ぜ合わせる。

イカスミのリゾットを仕上げます
11

皿に盛り、レモンとイタリアンパセリを飾り完成。

ホワイトアスパラのパート焼き アンチョビクリームソース
下準備をします
1
  • 野菜を茹でる用のお湯を沸かしておく。
  • インゲンはヘタの部分を取っておく。
  • にんにくはみじん切りにする。(主菜・副菜共通)
  • 薄力粉に水(10ml)を加え、水溶き薄力粉を作っておく。
  • アスパラ2種は根の方を少し切り落とし、下1/3程度の皮をピーラーでむいておく。
注意点

季節によって写真と野菜が異なる場合がございます。

パート焼きを作ります
2

グリーンアスパラガスとインゲンを茹で、氷水で冷やす。

ペーパーで水分をしっかり取ったら、食べやすい大きさにカットして塩(ひとつまみ)とオリーブオイル(ひとまわし)で調味しておく。

POINT

茹で時間の目安はアスパラ:1分程度・インゲン:1分30秒程度です。

3

春巻きの皮を、ホワイトアスパラガスの長さに合わせてカットする。

ホワイトアスパラガスを春巻きの皮(計4枚)で巻き、水溶き薄力粉でノリ付けする。

POINT

アスパラを巻いて1周~2周半したら、春巻きの皮をカットしてノリ付けしてください。

春巻きの皮は4枚のみ使用します。残りはご自由にお使いください。

4

フライパンにオリーブオイル(小さじ1)とにんにくを入れ、弱火でじっくりとオイルに香りを移す。

にんにくに薄く色がついてきたらアンチョビを加えてほぐす。

5

白ワインを入れ、強火でアルコールを飛ばし生クリームを入れる。

POINT

分離した場合、少し水を入れ冷ますと乳化しやすくなります。

6

分量が1/3程度に減るまで煮詰めて、塩(適量)で味を調える。

7

フライパンにサラダ油(大さじ1)を入れて中火にかけ、春巻きの皮で巻いたアスパラをソテーする。

POINT

巻き終わりを下にして焼き始めると、外れることなく綺麗に焼けます。

8

中のアスパラまで火が入るよう、全体が均等にきつね色になるまでソテーする。

POINT

軽く動かしながら焼くことで、焼き色と火通りが均一になります。

パート焼きを仕上げます
9

パート焼きをお好みの大きさにカットし、塩(ひとつまみ)で味付けする。

皿にパート焼き、グリーンアスパラガス、インゲン、生ハム、ソースを一緒に盛り付けて完成。